【まとめ】ガーディアンズオブギャラクシーのメンバー!キャラの強さや原作を深堀

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は見たけど、

「原作のキャラ設定とか全然わからん!」

「みんなどれぐらい強いの?」

と思っている方、結構いると思うんですよ。(私もそうでした)

せっかく、ガーディアンズシリーズを楽しむならもっと深堀したい!ということで、今回は

  • MCU映画に登場するメンバー
  • さらに原作のガーディアンズのメンバー

について徹底紹介していきます!

原作アメコミを知ることで、あのキャラはガーディアンズの一員だったの!?と発見があったり、

今後、登場する可能性のあるキャラ達を先取りできるかもしれないので、楽しみながら読んでみてください。

どっぷりとガーディアンズの世界に浸れる内容になっています!(^^)!

※強さは完全に個人的な意見なのであしからず。

さっそく、MCU映画のガーディアンズのメンバーから見ていきましょう。

スポンサーリンク

MCU映画の初期メンバー【ガーディアンズオブギャラクシー】

スターロード/ピータークイル

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダーとして知られるスターロード。
本名ピーター・クイル。

俳優:クリス・プラット
声優:山寺宏一

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

地球出身ですが、幼いころラベジャーズに拉致されて宇宙海賊になりました。

なにしろ、海賊の元で育っているので、ずる賢く、戦闘能力は高めです。

楽観主義でかなりアクティブ!

けれども、空気が読めなくて少し抜けています
(キャラとしては、味があって面白いですよ!)

強さは、スーツを身に着けた時の飛行能力、パワーを考えると星3つ☆☆☆くらいです。

が、リミックスで出生の秘密が判明!半分『宇宙の神』ということで、星5つ☆☆☆☆☆に更新

VSアイアンマンだったら・・・負けちゃうかな。

ガモーラ

美しき暗殺者、ガモーラ。

俳優:ゾーイ・サルダナ
声優:朴璐美

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

MCUの最恐ヴィラン、サノスに育てられ『ギャラクシーで一番危険な人物』とまで言われるようになります!

戦闘術はばっちり身についており、スピード、怪力でいうと驚異的

一見クールだけれども、たまーに見せるやさしさがすき!っていう方も多いのではないでしょうか?

強さは、星4つ☆☆☆☆!!

ブラックウィドウと似た感じだけど、肉体のポテンシャルを考えるとガモーラが勝ちそう。

ドラックス

ガーディアンズの破壊王、ドラックス。

俳優:デイヴ・バウティスタ
声優:楠見尚己

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

ムキムキのボディーと身体中に彫られた赤色のタトゥーが特徴です。
図体からは、想像できない天然っぷりが周りをよく驚かせています。

これといって特別な能力はないものの、パワーは人以上にあります!

強さでいうと星4つ☆☆☆☆といったところでしょうか?

VSハルクだったら、さすがにやられそうですね。

グルート

樹木の身体をもった、愛されキャラのグルート。

俳優(声): ヴィン・ディーゼル
声優: 遠藤憲一

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

唯一はなせる言葉が、“I am groot“ (僕はグルートだ!)

この一言で全ての感情を表現しているというのは、なかなかの強者です!

自在に木を伸ばして戦うスタイルはかなり独特。

ちなみに、火に耐性があります!

無器用だけれども、やさしいハートの持ち主グルートの強さは星3つ☆☆☆という感じですかね。

(愛嬌でいうと、星5つなんですけどねえ)

ロケット

戦闘能力がありすぎるアライグマのロケット。

俳優(声):ブラッドリー・クーパー
声優:加藤浩次

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

頭脳明瞭、戦闘能力も高い、可愛らしいアライグマ!?
かと思えば、毒舌な上にかなり攻撃的で荒々しい(笑)

見た目とのギャップでファンになる方も多そうですね。

強さでいうと星5つ☆☆☆☆☆レベル!(特に頭脳とメンタル)

バッキー/ウィンターソルジャーと良いコンビだったし、同格ですかね。

ガーディアンズオブギャラクシー/リミックスから参加したメンバー

マンティス

頭から触覚が生えている、純粋な心の持ち主マンティス。

俳優:ポム・クレメンティエフ
声優:秋元才加

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

マンティスは、エゴと2人っきりの惑星で育っているので、非常にマイペースで、人と接するのあまり得意ではなさそうです。

ただ、すごい能力があって人に触れるだけで感情を読むことができるスキルの持ち主。

うらやましいスキルですね。

戦闘になると、武術に長けていて強さでいうと星3つ☆☆☆という感じでしょうか。

ヨンドゥ?

ピーターの育て親とも言われる、ヨンドゥ

俳優:マイケル・ルーカー
声優:立木文彦

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

「あれ、ヨンドゥって、宇宙海賊ラベジャーズの一員やなかったっけ?」

なんで、ここで紹介されてるの?となるかもしれませんが・・・

リミックスで、ロケット、ヨンドゥ、ベビー・グルートがピーターを助けに行くというシーンで

グルート:I am groot (僕はグルートだ)
ヨンドゥ:What’s that? (何て?)
ロケット:He says welcome to the freakin Guardians of the Galaxy!
(こいつは、「くそガーディアンズ・オブ・ギャラクシーへようこそ」って一言ったんだ。

ロケットから(正確には、グルートから)「ようこそ!」と言われているのでここで紹介することにしちゃいました!

ヨンドゥは、青色の肌に真っ赤なモヒカンがトレードマークです。

もとは宇宙海賊ラベジャーズのリーダーの1人でかなり厳つい見た目なのでですが、それとは裏腹に大らかでジョーク好き

けれども、戦いとなると「ヤカ」と呼ばれる矢を口笛で自由自在に操って、敵を一発で攻撃できるという狂暴で冷酷な部分もあります。

強さは、星5つ☆☆☆☆☆

エンドゲームから参加したメンバー

ここからは『アベンジャーズ/エンドゲーム』から登場していて、ガーディアンスと大きく関わるキャラ2人をご紹介します!

ネビュラ

サノスに育てられたもう1人の養女、ネビュラ。

俳優:カレン・ギラン
声優:森夏姫

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

アベンジャーズシリーズでは、ヴィランとして登場しています。

それもそのはず!ガモーラとともに暗殺者として育てられているからです。

ネビュラを見ていて感じられるのは、敵意嫉妬心
(特に姉のガモーラに向けられている)

ただ、ガーディアンスの2作目では嫌悪ではなく、愛情なのか何なのか分からないのですが
人間性が現れてガモーラを救ったりしましたね。(完全なる悪者ではなさそう。。。)

体の半分以上が機械でできていて、大道芸人並みの動きで敵を華麗に倒していくネビュラは
ガモーラに負けず強いです!

ソー?

エンドゲームのラストシーンでガーディアンズメンバーと一緒に宇宙船に乗ったことから、今後さらに絡みが増えそうなソー

俳優:クリス・ヘムズワース
声優:三宅健太

この投稿をInstagramで見る

 

Guardians of the Galaxy(@guardiansofthegalaxy)がシェアした投稿

ご存知の通り、アスガルドの王子であり、最強すぎるハンマー『ムジョルニア』を使いこなして雷と稲妻を自由自在に操る人気ヒーロー。

アベンジャーズを見た方は分かると思うのですが、ガーディアンズメンバーとの登場シーンも多く今後に繋がるのではないかと囁かれています。

ちなみに、少し俳優業を休止すると述べていたソー演じるクリスも、インタビューでこのように回答。

アスガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがあるなら、喜んで引き受ける

アスガーディアンズ・オブ・ガーディアンズってファンに作られたの???と思ったら

『マイティー・ソー』シリーズのキャラと、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのキャラが登場する原作コミックが実在しています!

原作コミックの話がでたところで、原作のガーディアンズのメンバー設定も見ていきましょう!

原作のガーディアンズオブギャラクシーのメンバー

アメコミではよくあることなのですが、原作と実写版のキャラ設定が全然違う!

ということもあるので、さらっと原作のメンバー紹介をしていきます!

初期ガーディアンズのメンバー

初期の原作では、そもそも舞台になっている惑星自体も違うのでまったく別の話と言ってもいいくらいです。

名前だけ実写版で使ったというケースもあるので、中には聞いたことのあるメンバーもいるはず。。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DarkThanoseid(@darkthanoseid)がシェアした投稿

初期メンバー4人は、

  • ヴァンス・アストロ
    メンバーのリーダー。特殊スーツに身を包む、伝説のヒーロー。
  • チャーリー27
    超怪力で知られる。パイロットとして活躍。
  • マルティネックス
    光エネルギーを熱や冷気に変換できるヒーロー。
  • ヨンドゥ・ウドンタ
    いろいろな武器を操れるが、特に弓が得意。

「おぉー!ヨンドゥ!」

原作と実写版では、ガーディアンスとラヴェジャーズのキャラ設定が全然違うのでおもしろいですね。

初期メンバーから、さらに加わった人物として

  • スターホーク
    →妻のアリータと体を共有する。実写版ではスタカー・オゴルとして登場。
  • アリータ・オゴルド
    →上述の通り。スターホークと一体化している。
  • クルーガー
    →魔術師。原作では、ドクターストレンジと繋がっている。
  • メインフレーム
    →アイアンマンことトニー・スタークによってつくられたアンドロイド。

原作アメコミを一切みていなかったら一体誰が誰だか分からないですが・・・すでにMCU映画で登場しているヒーローと関連がある人物も多数登場しています。

続いて2008年に出版されたガーディアンズのメンバーをご紹介。

2代目ガーディアンズのメンバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fatos Nerd(@fatosnerdoficial)がシェアした投稿

2代目ガーディアンズのメンバーには映画ガーディアンズに登場している人物に加えて

  • アダム・ウォーロック
    →原作ではサノスより強いヒーロー。リミックスで伏線があるので3で登場するかも。
  • ムーンドラゴン
    →原作ではドラックスの娘。テレパシーを使うヒーロー。

キャラ設定は、異なっていてもMCUシリーズに登場している人物はたくさんいるので、まだスクリーンで見ていないキャラも

今後の作品にでてくる可能性が高いのではないかと予想しています!

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

最後に、メンバーの一覧をまとめたのでおさらいしていきましょう!

【MCU映画の初期メンバー】
スターロード/ピータークイル→ガーディアンズのリーダー
ガモーラ→美しき暗殺者
ドラックス→ガーディアンズの破壊王
グルート→樹木の身体をもつ、やさしいハートの持ち主
ロケット→戦闘能力がありすぎる、アライグマ

【リミックスから登場したメンバー】
マンティス→頭から触覚が生えている、マインドリーダー
ヨンドゥ→スターロードの育て親。元ラベジャーズのリーダーの1人。

【エンドゲームから参加したメンバー】
ネビュラ→サノスに育てられたもう1人の暗殺者
ソー→アスガルドの王子。今後、ガーディアンズとの関りに注目。

【原作のガーディアンズメンバー】
MCUシリーズとは異なるキャラ設定。ただ。中には見慣れたキャラの名前も!

1969年のチーム
ヴァンス・アストロ
チャーリー27
マルティネックス
ヨンドゥ・ウドンタ(MCUシリーズとは異なり、ガーディアンスの一員)
スターホーク(実写版ではスタカー・オゴルとして登場)
アリータ・オゴルド・クルーガー
メインフレーム

2008年のチーム
映画のメンバー
アダム・ウォーロック
ムーンドラゴン
など

今後、すでにスクリーンに登場しているヒーローはもちろん、そうでないヒーローがどのようにガーディアンズシリーズに登場するのか楽しみですね!
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© あっせん部る , 2020 All Rights Reserved.