【ワンダヴィジョンに登場!?】ダークホールドはMCU/マーベル映画シリーズの重要なカギとなるのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

ワンダヴィジョンの最終話が放送され、最後のシーンにダークホールドが登場した事で、今後の展開が気になる方も多いのではないでしょうか。

また、ドクターストレンジの続編「マルチバースオブマッドネス」にワンダが登場する事も発表されたので、ワンダとダークホールドが、どのようにしてドクターストレンジ続編と繋がっていくのか気になりますよね。

ワンダヴィジョンでは、ダークホールドの存在が重要なキーアイテムとして描かれていましたが、実は、ダークホールドは他のマーベル作品にも登場しています。

という事で、この記事では、ダークホールドの概要についておさらいし、過去に登場したダークホールドや、今後の展開について予想をしてみました。

ドクターストレンジの続編や、ダークホールドの存在が気になる方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

それでは、まずはダークホールドについて、おさらいからしていきましょう。

スポンサーリンク

マーベルのダークホールドとは

ダークホールドとは、マーベルコミックに登場する架空の魔術書の事を指します。

ダークホールドの起源としては、邪神クートンが、自らの暗黒の知識を破壊不可能な羊皮紙の巻物に書き残したもので、黒魔術の最高書とも称される程です。

別名では、「The Shiatra Book Of The Damned:ダムド・シアトラ書」や「The Book of Sins :罪業の書」とも呼ばれていました。

ダークホールドを使う事で、様々な黒魔術や呪文を使う事が出来ますが、人間が使えば、代償として、魂をクートンの奴隷にされてしまいます。

一部例外で、ドクターストレンジや魔術師マーリンは、ダークホールドを使用しても、クートンの支配に抵抗する事が出来ていました。

また、クートンは、ダークホールドを介して通じた人物に憑依したり、能力を開花させたりする事も可能です。

さらに、ダークホールドを使えば、並行宇宙の扉を開く事も可能。

ちなみに、ダークホールドの不完全なコピーとして「ネクロノミコン」という書物が存在します。

ダークホールドの詳細が分かったところで、マーベルにはどこで登場するの?と疑問に思いますよね。

実は、ダークホールドは、マーベルの様々な作品に登場します。

という事で次は、ダークホールドがマーベル関連作品に登場した、その歴史を振り返っていきましょう

マーベル関連作品に登場した歴史

・エージェントオブシールド
・ランナウェイズ
・ワンダヴィジョン

ダークホールドが登場した作品は、上記の3つです。

3作品にも登場していて、「え、そんなに登場しているの?」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

実は、それぞれの作品で重要なキーアイテムになっているダークホールドですが、注目していないと、見落としてしまうんです。

ここでは、各作品で、ダークホールドがどのように登場していたのかを振り返っていきたいと思います。

それでは早速、順番に解説していきましょう。

エージェントオブシールドに登場したダークホールド

エージェントオブシールドのダークホールドは、シーズン4で登場。

物語は、ダークホールドをめぐるシールドとラドクリフ博士の戦いが描かれています。

また、物語序盤では、ダークホールドの力に魅せられたゴーストライダーの叔父「イーライ」が、多くの人の命を奪おうとするのを、ゴーストライダーが身を挺して止めました。

この時に、冒頭に紹介した、ダークホールドの別次元への扉を開き、ゴーストライダーとイーライが別次元へと閉じ込められています。

ランナウェイズに登場したダークホールド

ランナウェイズは、先ほど紹介したエージェントオブシールドに繋がる物語で、ダークホールドが登場するのはシーズン3になります。

ランナウェイズのシーズン3では、スーパーヒーローチームのランナウェイズと、ヴィランであるモルガナとの戦いが描かれており、ダークホールドは、モルガナが儀式を行う時に用いている様子が確認出来ました。

ただ、後にエージェントオブシールドに繋がるとされていますが、時系列的に、ランナウェイズに登場するダークホールドは、エージェントオブシールドに登場するダークホールドと同一のものではないという可能性が示唆されています。

というのも、モルガナは、長年ダークホールドを研究していた人物の一人であり、複製を作る事が出来るかもしれないからです。

もしかすると、ランナウェイズに登場するダークホールドは、冒頭に紹介した、ダークホールドのコピー「ネクロノミコン」かもしれませんね。

ワンダヴィジョンに登場したダークホールド

ワンダヴィジョンは、「アベンジャーズ・エンドゲーム」後の世界を描いた作品で、ヴィランである魔女アガサが持っている魔法書が、ダークホールドとされています。

ワンダヴィジョンのダークホールドは、ワンダの能力の秘密に関わる重要なキーアイテムで、アガサはその能力を奪おうと、戦いを挑みました。

ただ、ワンダヴィジョンに登場するダークホールドも、前2作と別のものである可能性があるとされています。

ワンダヴィジョンの脚本家や監督は「あれはMCUのダークホールドで、新たにデザインした」と語っている事から、本作オリジナルのアイテムとして登場したのでしょう。

ちなみに、ワンダヴィジョンは、ドクターストレンジの続編「マルチバースオブマッドネス」に繋がる事が発表されています。

ワンダも、マルチバースオブマッドネスに登場する事が発表されているので、ダークホールドは、ドクターストレンジ続編に登場するのか?ヴィランは誰なのか?など今後の展開に注目したいですね。

という事で次は、ドクターストレンジマルチバースオブマッドネスの展開について、予想していきたいと思います。

予想:ダークホールドはドクターストレンジマルチバースオブマッドネスに続く

2021年4月現在での、ドクターストレンジマルチバースオブマッドネスの公開日は、2022年3月25日とされています。

今作では、ワンダヴィジョンの物語から繋がっている作品で、ワンダヴィジョン最終話のポストクレジットシーンで、ワンダのアストラル体がダークホールドを解読しているシーンで終わっていました。

ドクターストレンジ続編に、ワンダの登場が決定している事から、ワンダとダークホールドが、続編に登場する事は、ほぼ間違いないでしょう。

重要なキーワードとしては、

・ダークホールドは現在ワンダが保持している事
・ワンダは山岳地帯に住んでいる事
・ワンダの双子の子供の行方
・ワンダがアストラル体になれる事

この辺りではないでしょうか。

ワンダとドクターストレンジの共通点としては、どちらも魔術、魔法使いであるという事です。

また、ダークホールドは、黒魔術の最高書とされている事から、魔術に関する何らかのエピソードが語られるのではないでしょうか。

たとえば、ワンダがダークホールドを解読して、「恋人のヴィジョンを蘇らせようとしている」とか、ポストクレジットシーンで、双子の声を聞いていたので、「2人を蘇らせようとしている」とかが考えられますね。

しかし、冒頭にも書いた通り、ダークホールドを使えば、魂をクートンの奴隷にされてしまします。

なので、ドクターストレンジが、ダークホールドを使う事を阻止するのではないでしょうか。

もしくは、ドクターストレンジは、クートンの支配に対抗できるので、ワンダの代わりに、ワンダの望みを叶えようとするのか。

どちらにせよ、公開日が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

Copyright© あっせん部る , 2021 All Rights Reserved.