北欧神話のロキってどんな人?マーベル/アメコミ映画でハマって調べたら凄かった!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

マーベル映画シリーズにおいて、悪役のみならず全キャラクターの中でも屈指の人気を誇る、いたずらの神『ロキ』

「元ネタが北欧神話なのは知っているけど、詳しくはわからない」

「グングニルとか、かっこいい名前は聞いたことあるけど、他はよく知らない」

そんな声にお答えすべく、今回は北欧神話のロキについて

  • マーベル映画のロキとの共通点や違った点
  • ロキの子供が実は・・・
  • 北欧神話のおすすめ本

と言った視点から、簡単にまとめてみました!

北欧神話を知ると、映画『マイティ・ソー』シリーズを一段と奥深く味わえるようになるので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

さっそく、北欧神話のロキと、マーベルのロキを比較して紹介します。

スポンサーリンク

北欧神話のロキとマーベル映画のロキの共通点

 

この投稿をInstagramで見る

 

allilaciram(@rodinia211)がシェアした投稿

マーベル映画の『マイティ・ソー』シリーズ(さらに言えばその原作コミック)は北欧神話を元にしたシリーズです。

つまりマーベル作品のロキも北欧神話のいたずらの神・ロキが元となった人物なので、基本的には元ネタに沿ったキャラクター作りがなされています。

まずは両ロキの共通点から見ていきましょう!

神話のロキも巨人族の子

『マイティ・ソー』シリーズでも物語の大きな鍵となったロキの出自ですが、北欧神話のロキも元は神々の敵『巨人族の子』とされています。

れっきとした巨人族であるロキですが神々の王『オーディン』に気に入られ、なんとオーディン自身の義兄弟となりアスガルドで暮らす、と言うのがもともとの北欧神話での設定のようです。

マーベル作品を見慣れた側からすると、ロキがオーディンの義兄弟というのは少し不思議な感じがしますね。

神話のロキもいたずら好き

『いたずら好き』という設定も、北欧神話からマーベル作品へと持ち込まれています。

『北欧神話最大のトリックスター』と言われるほどいたずらに明け暮れる一方、その賢さで神々のピンチをしのいだともされているようです。

それどころか、

  • オーディンの槍『グングニル』や
  • トールの『ミョルニル』=ソーのムジョルニア

を小人を騙して作らせるなど、かなり神々に貢献しているとも言えます。

また、ロキのいたずらでおなじみのあの技も、北欧神話からきています。

それは・・・

神話のロキも変身が得意

マーベル映画では得意の変身技でキャプテン・アメリカやオーディンの姿に化けていたロキ。

原作の北欧神話ではなんと雌馬に変身し、しかも仔馬を産んでみせます。

この荒唐無稽さ、ザ・神話って感じですよね。笑

このほかにも、北欧神話を調べるうちに驚きの設定が明らかになってきました。

北欧神話のロキを調べて驚いたこと

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loki(@godofmischief_original)がシェアした投稿

マーベル映画では(特に「ソー/バトルロイヤル」においては)なんとなくお笑い的な場面を担っていることの多いロキ。

ところが原作の北欧神話を見てみると、全く異なる姿が見えてきたのです・・・!

神話のロキはモテモテ!

北欧神話のロキは美しい整った顔を持っているとされています。

ロキ役をトム・ヒドルストンさんが演じたのも、北欧神話の設定から見れば当然のことだったと言えそうです。笑

また『シギュン』『アングルボザ』という二人の妻を持つとされているので、なかなかモテたのかもしれないですね。

“いたずら好きのイケメン”というギャップに惹かれるのかな?

さて、家族構成の面からも、もっとロキに迫ってみましょう!

神話のロキには子供がいる!

北欧神話のロキは、前述した2人の妻との間に子供をもうけています。

アングルボザとの間には、

  • 大きな狼のフェンリル
  • 死の女神ヘル
  • 大蛇のヨルムンガンド

を授かりました。

お気付きの方も多いと思いますが、マーベル作品では

  • オーディンの娘であり
  • ソーとロキの姉だった

ヘラ(ヘル)は、原作の北欧神話ではロキの娘だったのです!

また、そのヘラの手下で超人ハルクと戦った巨大狼フェンリルも、原作ではロキの子供でした。

ちょっと家系図がごちゃごちゃになってきましたね。笑

ただ一人(一匹?)、ヨルムンガンドは、マーベル映画にはまだ出てきていません。

これら三人のロキの子供たちは、いずれも怪物の姿だったという理由でオーディンや神々に処分・追放されてしまいます。

このことを子供達は不満に思っており、ラグナロク(神々の世界の終末の日)には復活してオーディンに復讐をしました。

ヘラやフェンリルがオーディンやアスガルドに復讐をする、という大筋はマーベル映画にも生かされていますね。

ちなみにヨルムンガンドは北欧神話においてはトール(ソー)に退治されますが、その際トールはヨルムンガンドの持つ毒で死んでしまいます。

『マイティ・ソー』シリーズは最新作の『Thor:Love and Thunder』の製作が発表されているので、もしかしたらソーvsヨルムンガンドの戦いが見られるかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Art of Videogames(@the.art.of.videogames)がシェアした投稿

このほか、もう一人の妻シギュンとの間には、知名度は落ちますがナギという子供がいます。

ロキがある大罪(後述します)を犯した際、神々はナギの腸を引っ張り出し、その腸でロキを捉え拷問にかけました。

ここら辺の話はダークすぎてマーベルもディズニーも手を出せないと思われます。笑

さらに、ロキが雌馬に変身して産んだ馬ももちろんロキの子供と言えますが、なんとロキはその馬をオーディンに献上したというのです。

ロキの産んだその馬は、八本の脚を持ち、とても速く走り、さらには空も飛んだ軍馬とのこと。

オーディンが乗っている馬がロキの子だったなんて・・・もうなんでもありですね!

さて最後に、マーベル作品でも大きな軸となっている『ロキとオーディンの対立』について見ていきましょう。

神話のロキは家族を崩壊させる

マーベル作品のロキは、オーディンやアスガーディアン達に贔屓(えこひいき)されるソーを妬み、復讐の機会を狙っていました。

一方、北欧神話のロキは、実際にオーディンの息子『光の神である善神バルドル』をあやめてしまいます。

しかも、その殺し方というのが、オーディンの別の息子『ヘズ』を騙してバルドルを殺させる、という狡猾なものだったのです。

当然神々の怒りを買ったロキは一旦は逃げるもののすぐに捕まり、自身の子供『ナギ』の腸で縛りあげられラグナロクまで囚われの身となってしまいました。

(ついでに騙された側のヘズも殺されてしまいます)

そしてラグナロクで復活したロキは、巨人族らとともにアスガルドに攻め込むことになります。

このラグナロクにおいて、

  • オーディンはフェンリルに食われ、
  • トールはヨルムンガンドと相打ちに、
  • ロキも神々の門番ヘイムダルと相打ちになります。

自分の「いたずらの神」としての本能からか、それとも嫉妬からか家族を崩壊させてしまった北欧神話のロキ。

対して、自らの運命に最期まで逆らい家族を守ろうとしたマーベル映画のロキ。

改めて対比してみることで、今までとはまた違ったロキの魅力が見えてくると思います。

もっと北欧神話やロキについて知りたい方へ、オススメの本がいくつかあるので紹介します。

無料で読める本もあるので、ロキの起源について、ぜひ調べてみてください。

北欧神話のロキをもっと知れるオススメの本

初心者でも安心わかりやすいのはコレ

子供と一緒に読むならコレ

Kindeleunlimitedで無料で読むならコレ

今回ご紹介できた北欧神話の話は、全体のごくごく一部です。

それでも、ちょっと元ネタを知るだけですごくワクワクしてきませんか?

北欧神話に詳しくなってから、もう一度映画を見れば、もっと面白く映画を観られること間違いなしです!

ぜひ、これを機会に北欧神話に親しんでみてくださいね。

まとめ

今回は、北欧神話のロキ特集をお届けしました!

お伝えしてきた事を、簡単におさらいしておきます。

◇北欧神話のロキとマーベル映画のロキの共通点

  • 北欧神話のロキも巨人族の子でいたずら好き、特に変身が得意

◇北欧神話のロキの驚きの設定

  • 北欧神話のロキはモテモテ
  • 妻は二人子供はヘルやフェンリルなど三〜五人!
  • ただ結末は家族崩壊という悲しさ

原作の子供たちは映画シリーズでは敵役として登場しているので、まだ登場していない子供たちが、ソー続編で登場する可能性もあります。

今回ご紹介できたのは北欧神話のほんの入り口です。

これを機会に、北欧神話に親しんでいただけたなら、すごく嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

Copyright© あっせん部る , 2020 All Rights Reserved.