【キャラ解説】デッドプール2のドミノの能力や原作の活躍まとめ!続編登場はある?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

魅力的なキャラクターが数多く登場するデッドプール2。

中でも新キャラとして登場した『ドミノ』のは、はまり役でカッコよかったのですが、能力や出生の秘密など詳しいキャラクター情報はご存知でしょうか?

初登場キャラということもあり、おそらく

  • 幸運の能力を持っているのは知っているけど、具体的にはどんな能力なのかいまいちわからない。
  • デッドプールやケーブルとの関係の深さがいまいちわからない。
  • 原作ではどんな設定のキャラなのか知らない。

という方がほとんどかと思います。

そこで、この記事ではドミノについて原作の情報も含めてキャラを深堀してみました!

今後のデッドプールシリーズでも活躍が予想されるドミノについて、大々的には語られていない裏設定の話もするので、きっと映画を見る楽しみが倍増するはず!

ぜひ楽しんでいってください。

まずは映画デッドプール2に登場した『ドミノ』のおさらいから

スポンサーリンク

デッドプール2に登場したドミノのキャラクター情報

まずは映画版『ドミノ』の能力から見ていきましょう!

幸運を操る能力

ドミノの能力は幸運を操るというもの。

映画では詳しく語られていませんでしたが、具体的には

  • 視界に映る相手の「運」を吸収
  • それを自分の運として使用する

ことができるのです。

デッドプール2のシーンを思い返してみるとわかりやすいと思うのですが、この能力を使いドミノは

  • 車道を堂々と通ってもひかれず、周りの車が彼女をよける。(よけた車は次々と事故にあう。)
  • 護送車に乗り込んだ際、敵に銃を突きつけられるが弾がなくて不発。(相手からすると不運にも弾ぎれ。)
  • ケーブルが武器で護送車を狙った際、サイドミラーに反射した光が目に当たって狙いがそれる。(不運にも背後に迫っていた別の護送車に命中。)
  • ジャガーノートが護送車ごと橋を崩壊。ドミノは高所から落下するも、落下地点にイベント用のバルーンがあったので無傷。(これは特に代償はなし)

『幸運』の能力というとキラキラしたイメージを持たれそうですが、実際は同時に誰かの何かの不幸を生み出している能力なのです。

彼女のせいで車に乗っていた関係のない一般人が巻き込まれている可能性もあるので、ある意味『死神のような存在』なのかもしれません。

そして、もしかするとXフォースのメンバーも彼女の『幸運』の犠牲者となった可能性も考えられます。

Xフォース唯一の生き残り

ラッセルを救うためにデッドプールによって結成されたXフォースのメンバーですが、生き残ったのはドミノただ1人でした。

デッドプールが求人で募集して集めたXフォースのメンバーは全員で6人。

中には能力のない普通のおじさんもいたので、採用基準は何だったのかはわかりませんが、デッドプールのことだからきっと適当だったのでしょう。

パラシュートを使ってラッセルを乗せた護送車に飛び乗るという任務を実行するも、結果は凄惨たるもの。

強風に煽られて護送車から大きく反れてしまったメンバー

  • あるものはバスに激突して死亡。
  • あるものは電線に直撃して感電死。
  • あるものはビルの屋上に止まっていたヘリコプターのプロペラに巻き込まれてバラバラに。

戦う前にXフォースのメンバーはありえないくらいの不運に見舞われてほとんど全滅。

そんな中唯一生き残ったドミノは運よく良い風に乗って目的の護送車近くに降りることができたのですが・・・

彼女の能力を思い返してみると、Xフォースが悲劇的な惨事は、ドミノに運を吸い取られた結果なのかもしれません。

これは映画ではまったく語られていないので予想の範囲にはなりますが、もし彼女が面接に受かっていなければ、全員生きていたのかもしれませんね。

見た目も戦闘スタイルもかっこいいドミノですがXフォースの『ラッキーガール』ではなく『死神的ポジション』としてみると印象もガラっと変わると思います。

そんな『ドミノ』は次回作でも活躍するのか?

主演・制作をつとめるライアンレイノルズの発言をまとめてみました!

デッドプール3での活躍も期待できる!

デッドプールで主演・制作を手がけたライアン・レイノルズは、まだデッドプール3の制作については、「企画進行中」という発表のみで、はっきりとは答えていません。

ですが、デッドプールを主人公とした物語ではなく『Xフォース』(チーム)を中心とした物語を描いていきたいと語っていることから継続してドミノが活躍する可能性は高そうです。

デッドプール、ケーブル、ドミノとキャラの濃い3人を中心に、どんな物語が展開されるのか今から楽しみですね!

次回作では運の犠牲になるメンバーが出ないことを祈りましょう(笑)

また、デッドプール2までは制作会社が20世紀FOXだったため、アベンジャーズのシリーズとは全く別世界のものとして描かれていましたが

2019年にディズニーがFOXを買収したことで、アベンジャーズシリーズに食い込んでいく可能性もあるので、その面でも楽しみにしています!

ドミノがディズニー版のデッドプールに登場するとなれば、やはり女優さんにも続投していただきたいところです!

ドミノ役を演じた女優

ドミノ役を演じていたのはザジー・ビーツ。

ドイツのベルリン生まれのアフリカ系アメリカ人。

『ジョーカー』で主人公のアーサー・フレック(ジョーカー)の隣の部屋に住んでいた女性を演じたのも彼女です。

ジョーカーの隣人がドミノだと全然気が付きませんでした。

やはり髪形と目の痣があるかないかで印象が全然違いますもんね!

個人的には、はまり役だったと思うので続投を期待しています!

ここからは今後のドミノの活躍をより楽しむべく原作の『ドミノ』のキャラクターについてみていきましょう!

原作のドミノについて

原作のドミノは

映画とは別人のようなビジュアルだったり

誕生の経緯に違いがあったり

映画とは異なる部分も多いので、ここから共通点と相違点について紹介します。

原作ドミノもXフォースのメンバー

ドミノは面接に受かりデッドプールが作ったXフォースのメンバーになりましたが、原作でもXフォースのメンバーとして登場!

映画では、デッドプールが面接で集めたチームにふざけたのりで名付けたのがXフォースでしたが、原作ではケーブルが結成したチームです。

X-MENのリーダーであるプロフェッサーXが、若いミュータント達を訓練するために「ニュー・ミュータンツ」というチームを作り、そのチームを再編成し、ケーブルが新たに作ったチームがXフォースでした。

そして『ニュー・ミュータンツ』からチームに所属していたドミノはもっともケーブルに信頼される存在。

映画でケーブルがデッドプールに差別主義者とディスられていた場面では、ドミノだけが唯一ケーブルの味方をしていましたが、原作の設定が反映されていたのかもしれません。

ちなみに、デッドプールとドミノがコミックに初登場したのは同じ作品。

ケーブルが突然デッドプールに襲われたところにドミノが助けに入るというシーンが描かれています。

引用元:New Mutants (1983) #98

原作を全く知らないと「ドミノはおじさんが好きなのかな?」さらっと流してしまうところかもしれませんが、原作の2人の関係を知っていると、デッドプールからケーブルをかばうシーンは小ネタとして原作をオマージュしたのかと妄想してしまいます 笑

またドミノの能力がどうやって生まれたのか映画と原作では少し違った設定なのでみていきましょう!

原作のドミノは実験で誕生したミュータント

映画のドミノはラッセルと同じ孤児院の出身という過去のみが語られていて、どういった経緯で能力を手に入れたのかというのか?詳しく触れられることはありませんでした。

が、原作ではドミノの過去が描かれています。

ドミノの本名はニーナ・サーマン。

アメリカ政府の極秘実験である「プロジェクト・アルマゲドン」の人体実験に参加させられ、そこで能力を得ています。

この実験は人工的にミュータントを作るというもので、とてもリスクが高く多くの被験者が命を落としていました。

しかしドミノは運よく生き残り、ミュータントとして新たな人生を歩むことに。

生き残る確率がとても低いのに死ななかった時点で能力のような気もしますが、実験の途中で幸運の能力が発動したのかもしれません。

そんな経緯を持つドミノですが、彼女を主人公にするコミックが出版されるほど原作では人気です。

原作では主人公になるほどの人気キャラ

原作では彼女の名前をタイトルにした「DOMINO」というコミックシリーズも出版されています。

表紙を見ると、映画の彼女の見た目とは全く違う姿に驚かされるのではないでしょうか。

映画のドミノはアフロヘアと褐色の肌ですが、漫画版のドミノは黒髪のストレートヘアに青白い肌をしています。

映画のドミノよりセクシーさ増し増しといったイメージですね!

ちなみに、コトブキヤから美少女キャラ『ドミノ』のフィギュアもでています。

後半少し話がそれてしまいましたが、デッドプール2に登場したドミノを深堀してみた!でした!

まとめ:ドミノの今後の活躍に期待!

最後にもう一度、内容をおさらいしていくと、

■ドミノの超能力は『幸運』

・具体的には、視界に映る相手の運を吸収し、自分の運として使う。

・映画では拳銃を向けられても不発で助かり、高所から落下してもちょうど良い場所にバルーンがあったりと大変便利。

・ただ運を吸収している可能性もあるので(映画では詳しく語られていない)Xフォースのメンバーが次々と不運な死を遂げたのはドミノのせいかも

原作のドミノはビジュアルが大きく違うものの、Xフォースのメンバーとして活躍している人物なので今後のデッドプールシリーズでも登場が期待できます。

映画ではまだ明らかとなっていない生い立ちや能力を得た理由について今後映画で語られるのかも楽しみにしたいところです!

ドミノについてより深く知ったうえで映画を見ると、さらに楽しめると思うので『デッドプール2』もおさらいしてみてくださいね!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アメコミを最大限楽しみたくて当サイトを立ち上げ。ライターさんの考察を読む毎日が最高。"アメコミラバーズアッセンブル"のサイトタイトル通り、アメコミファンみんなで読むだけじゃなく楽しく作れるサイトをコンセプトに運営中。

Copyright© あっせん部る , 2020 All Rights Reserved.