エンドゲーム以降のアベンジャーズはキャプテンマーベルにかかってる?フェーズ4の予想

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

エンドゲームでアベンジャーズに本格参戦したキャプテンマーベル

「キャプテンマーベル2」公開の情報も出ている中、彼女の今後の活躍について考えていたら疑問がいくつかでてきたので考察してみました!

  • キャプテンマーベルは今後どんなポジションになる?
  • 宇宙が舞台になるとするとメインで活躍もある?
  • ニック長官との関係はどうなっていく?

公開されている映画だけではわからないこともあったので、原作コミックの情報を交えて、今後のキャプテンマーベルについて予想してみました。

あくまで予想の話も含みますが、今後のMCU映画シリーズを楽しむヒントになるかもしれないので、ぜひ楽しみながら読んでみてください。

新たな味方組織の登場もあるかもしれないフェーズ4での立ち位置から一緒に考察してみましょう!

スポンサーリンク

エンドゲーム以降のアベンジャーズにおけるキャプテンマーベルの立ち位置

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marvel Studios’ Captain Marvel(@captainmarvelofficial)がシェアした投稿

MCUフェーズ4では、今までのヒーローたちから世代交代して、ニューアベンジャーズが物語を紡いでいくという展開が予想されていますが

そんな中キャプテンマーベルがどういう立ち回りをすることになるのか

  • フェーズ4の物語の展開
  • 今後中心メンバーになるだろうキャラクター

の観点から考えてみました!

フェーズ4以降は宇宙規模の話に発展する?

フェーズ3ラストとなった『スパイダーマン/ファーフロムホーム』のラストシーン

ニック長官が宇宙でなにやらプロジェクトを始めていましたが、あのシーンは今後、宇宙規模の物語になっていくことを示唆したものだと思われます。

さらに本編に登場していたニック・フューリーが実はタロス(キャプテンマーベル単独映画に出ていたスクラル人)だったということからも、キャプテンマーベルとニックが深い関係として再びつながっていくのではないかなと。

ファーフロムホームのラストに登場した謎の宇宙ステーションの正体もすでにファンの間で考察されていて、原作コミックにも登場する『S.W.O.R.D.』という組織の可能性が高いと言われています。

『S.W.O.R.D.』についてもう少し詳しく解説すると、『S.W.O.R.D.』とは宇宙からの脅威を監視・対抗するための地球防衛のための諜報機関

また、フェーズ4のドラマシリーズの撮影現場にも『S.W.O.R.D.』の文字が登場していたり、これから物語の展開に大きく関わってくる組織なのは間違いないと思われます。

  • ニックがイチから作り上げようとしている機関なのか?
  • それとも協力体制をとろうとしている全く別の機関なのか?

どのように描かれるか細かいところは情報がないため不透明ですが、すでに戦いは宇宙規模に発展しようとしていると見て間違いないでしょう!

となると今まで通りキャプテンマーベルは宇宙全体を担うことになると思うのですが、おそらく地球との架け橋の役目も果たすのではないかと予想しています。

予想!地球と宇宙をつなぐ架け橋になるのでは?

フェーズ4で続々と主要メンバーが引退していく中、残ったメンバーを見ると、中心となるのは、スパイダーマンキャプテンマーベルなのではないかと思われます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marvel Studios’ Captain Marvel(@captainmarvelofficial)がシェアした投稿

アイアンマンから意志を受け継いだスパイダーマンは、地元密着型ヒーローとして今後も地球を守る存在に成長していくことが予想されますし

  • 地球の平和を守るご近所ヒーロー『スパイダーマン』
  • 宇宙の平和を守る『キャプテンマーベル』(もちろん地球も含む)
  • そして全体をニック長官が見守り調整

という形でアベンジャーズというチームは体制を整えていくのではないかというのが予想です。

映画でキャプテンマーベルとアベンジャーズが関わったのはフェーズ3後半からでしたが、元をたどると深い関係でしたしね!

どれぐらい深い関係だったかについては忘れている方もいるかもしれないので、簡単におさらいしておきます!

これまで描かれてきたキャプテンマーベルとアベンジャーズの繋がり

アベンジャーズとキャプテンマーベルの深い関わりについては映画『キャプテンマーベル』描かれていました。

ニック・フューリーとの繋がりについては、わかりやすく描かれていたのですが、アベンジャーズとのつながりがどのように語られていたのか詳しく見ていきましょう!

アベンジャーズの名前はキャプテンマーベルが由来

映画『キャプテンマーベル』の中で、アベンジャーズの名前の由来はキャプテンマーベルだったことが明らかにされています。

キャプテンマーベルの本名はキャロル・ダンバースですが、隠されたミドルネームが『アベンジャー』

彼女の戦闘機にも『アベンジャー』と記されており、それを知っていたニックが、いつ来るかわからない脅威に対抗する目的で『地球防衛計画』を考えたときに採用したのだと。

キャプテンマーベルのような強いヒーローたちに集って欲しいという願いが込められて『アベンジャーズ計画』と名付けられていたわけですね!

なのでキャプテンマーベルはアベンジャーズの母とも言える存在であり、ニック長官からすれば、絶対の信頼を寄せることができるパートナーなワケです。

ニック長官が最も信頼する最後の切り札

キャプテンマーベル単独映画では、若き日のニック長官と当時ヒーロー名がなかったキャロル(後のキャプテンマーベル)との出会いから、戦いを経て深く信頼し合う仲になる物語が描かれていましたが

地球の平和を脅かすのでは?と疑いの目を向けたニックが懐かしい)

インフィニティウォーで、いよいよピンチになったときに、キャプテンマーベルを直通のポケベルで助けを求めたことからも、最後の切り札として信頼していたことが伺えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Avengers: Endgame(@avengers)がシェアした投稿

「困ったら呼んでね」と通信範囲が銀河系の2倍にまで及ぶポケベルをニックに渡していたことから、キャプテンマーベルにとってもニックは大切な人物だったということですね!

そして、エンドゲームから本格的にアベンジャーズに合流したわけですが

エンドゲームでアベンジャーズのメンバー入り

エンドゲームでのキャプテンマーベルはすごかったですよね!

「今度は私がいるから大丈夫」という言葉の心強さ!

最強ヴィランと悪名高いサノスとのタイマンシーンは、本当に彼女がいればなんとかなりそう!と誰もがワクワクしたと思います。

物語のバランス上、強すぎる彼女の出番は少ないように感じましたが 笑

エンドゲームでニックとの約束(困ったら助けると言ったこと)を果たした5年後にニックが宇宙に行っているということは

エンドゲームでの再会をきっかけに、近しい関係になっていると考えて間違いないでしょう!

キャプテンマーベル2での活躍に期待!

キャプテンマーベル2については、フェーズ5の単独映画が予定されていて、製作も本格的にスタートすることが発表されました。

物語の舞台は現代になるそうなので、エンドゲームの直後からなのか、はたまたもっと先なのか気になるところですが

インフィニティウォーでニックが消えてから、復活してキャプテンマーベルと再会するまでの5年間

  • キャプテンマーベルがニックを宇宙に呼ぶレベル

もしくは

  • キャプテンマーベルだけに任せられないとニックが考えるレベル

の『何か事件』が起こっていたとも考えられるので、そのあたりが詳しく描かれると個人的には嬉しいです。

  • キャプテンマーベルがニックを宇宙に呼ぶほどの脅威とは何か?
  • 宇宙規模という事はどれだけ大きな組織や敵が待ち受けているのか?
  • フェーズ4.5で予定されている他の映画との関連性はどうなっていくのか?

MCUシリーズの映画公開予定が、かなり先まで決まっていますが、その全てが待ち遠しいです!

キャプテンマーベル22022年の公開予定なので、まだ先ですが、今回の内容が少しでも考えて楽しむ機会になったならすごく嬉しいです!

まとめ

今回は予想もたっぷり交えつつお届けしてきましたが、最後にお伝えしたことをおさらいしておきます!

  • 宇宙規模の戦いになるであろうフェーズ4以降のアベンジャーズにおいて、キャプテンマーベルはおそらく中心メンバーになる
  • アベンジャーズ結成のきっかけとなったニック、キャプテンマーベルの共闘がまた見られそう。
  • インフィニティウォーでニックが消えてエンドゲームで再会するまでの5年の間に、ニックが宇宙に行くほどの『事件』が起こってるはずなので今後、描かれることを期待したい!
  • 『キャプテンマーベル2』はフェーズ5(2022年)公開予定!続報を待て!

ということでした!

きっと、これからも強敵が現れ、たくさんの困難が降りかかると思われますが、持ち前の強さでかっこいい姿を見せてくれることに期待したいですね!

個人的には可愛い姿や女同士のやりとりも見たいので、アベンジャーズ女子会が開催されることも願っています。笑

なんにせよ、MCUシリーズはまだまだ続くので、じっくりゆっくり一緒に楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© あっせん部る , 2020 All Rights Reserved.